前世療法(過去世退行療法)

前世療法(過去世退行療法)とは、催眠療法の中の手法の1つです。

米国の精神科医ブライアン・L・ワイス博士の著書『前世療法』、1988年に刊行され、その後、世界的にその効果が認知されることになりました。

セラピストの催眠誘導により、今の人生に最も大きな影響を与えている前世(過去世)の記憶を、潜在意識の中から浮かび上がらせ、現在の人生の意義への気づきを促し、現在の人生での問題を解消し、深い癒しを得る心理療法です。

前世療法は、単に前世がどういうものであったのかを知るのが目的ではありません。

前世の記憶から、現在の自分に必要な気づきを得て、今の人生に活かしていくための手法です。

前世療法は、ご自分自身で、前世をイメージし、実感していただくことが目的の心理療法です。

自分の潜在意識と催眠状態で対話をすることで、本質的な気づきや問題解決の糸口とするものです。

催眠療法に対して不安がある、現世でのトラウマに対峙できない方は、前世療法を是非受けてみてください。

前世療法では、臨終の場面を体験しますので、死の恐怖から解放されるという効果もあります。